代表的な記事の書き方を学ぶ アクセスが集まる記事とは?

480530351-supervisor-manager-employee-company

メール講座の方から、問い合わせが多いのが、文章の書き方の問い合わせが多く寄せられます
今回は、文章の書き方を学んでいきましょう

読みやすい文章を心かげる

ddalki3003 / Pixabay

 

自分の身近な事に置き換えてみるとわかりやすいので、例えばの話で考えていきましょう。

家電屋さんに空気清浄機を買いに行ったと仮定します

Aの商品には どんなことに効果があるのか特徴を1点だけ説明 期間限定で 特価が書いてありました
→ 浮遊する塵や埃や花粉を98%除去 花粉症の方にお薦め 38900円のところ 土日特価29800円
Bの商品には 多機能で色々な効果や効能があることが、びっしりと商品説明に書いてありました
→ 空気をイオン分子で ○○します。嫌な匂いも撃退します フィルターは 抗菌加工・・ete
さて、多くの人は、どちらを見て興味を持つでしょうか

当然 商品Aのほうです。

でも、インターネット上でみる ウェブサイトは Bパターンを良く見ます。

確かに、詳しく説明してあり、その商品についてはよく書かれていますが、検索してきてくれる人は何を求めているのかがわかっていません。

検索して自分のウェブサイトに来てくれた人が、何を求めてきてくれたのか
そして、その方は問題を解決できたのか
その点について、よく考えて記事を書かねばなりません。

 

アクセスが上がらないのはSEOが悪い?いいえ文章の書き方です

Negativespace / Pixabay

よく、SEOだキーワードだとそちらに興味が行ってしまい、文章がおざなりになっている人を見受けます
2000年などインターネット黎明期であれば、検索エンジンはあまり優秀ではなかったので、確かにキーワードとか考えて行かねばならなかったのですが、2016年の今現在、Googleは読みやすい文章かつ有要と判断したものを順位を上げていきます

アクセスが上がらないのは、SEOが悪いとかキーワードが・・とかではなく
文章そのものに問題があることが多いのが事実です。

どんな文章を書いていけばいいのかわからないという場合は
私のメール講座を受講してみてください

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る