アドセンスの命はタイトル されどタイトル キーワードを効果的に入れてアクセスアップを狙う

stress_Rex

記事を書く時に大事なのはタイトルです
このタイトルに、いかにクリックしてもらえるか工夫をこらして欲しいと思いますが、なかなか難しいですよね
今回はタイトルのお話です。

 

どこで習ったその書き方 トレンドブログ風タイトルの付け方は止めなさい

 

Unsplash / Pixabay

 

よく、見かけるのがトレンドブログ風の書き方です
○○のやり方は?その方法は?
みたいなタイトルです。

よくみかけませんか?
トレンドブログが流行っている頃、この書き方で溢れ返りましたが、最近だいぶ見なくなってきました。

貴方がGoogleの検索結果でクリックをして見ようと思うのは、何を見て判断していますか?
順位?それもそうですが、タイトルを見て判断していますよね

おそらく無意識に最初の20文字程度 下手をすれば10文字程度で判断しているはずです。

出来る限りクリックしてもらうために、タイトルに釣りの要素を入れる方もいますが、これは逆効果です。
内容が期待したものと違えば直帰率が上がり、Googleの順位は下がるからです。

タイトルで大事なのは いかに短く 的確に かつわかりやすく 書くか

という事になります。

 

 

貴方の言いたいことは何?

 

RyanMcGuire / Pixabay

 

多くの人のブログを見ていると

 

言いたいことは 結局何?

 

という人をみかけます。
これではアクセスは上がりません。

いいたい事をまとめて、最初に言っておかないと、興味を持って読んでもらえません。

読んでもらえないのは、また直帰率が上がり、順位が下がることになります、

Googleは賢いので、直帰率が悪い(80%超えると危険水域)ブログや滞在時間が20秒に満たないブログは
価値は低いと判断して順位を下げます。

ですので、いかに 滞在してもらい、自分のページの次のページの記事も読んでもらえるようにするのかがキモになります。

もしアドセンスやアフィリエイトに興味があったら私のメール講座をうけてみませんか
皆様の参加をお待ちしています

 

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る