残業ゼロ法案で年収400万円以上にも適用される時がくる その時収入減にどう対応するのか

career_change_02

働き方改革 残業ゼロ法案 年収1000万以上  あ、私は関係ないやって人も多いと思いますが、実は、この法案は通ったら年収400万円以上にしてくる可能性が非常に高いのです。
さて、あなたはその時、どうしますか?
あなたの残業代は年収の何%をしめていますか?
もし来年から残業代が0になったらどうしますか?

 

 

 

サラリーマンを襲う 残業0法案 年収400万円の根拠

 presenter

経団連ははなから年収400万円以上を残業0にしようとしています。
基本は年収1075万円以上を稼ぐホワイトカラー系の労働者に限って残業規制を一部見直すとしていますが

あろうことか、経団連は、年収400万円を主張。
榊原定征会長は労働者の10%に導入することを求めてます。
塩崎恭久厚労相(当時)も2015年4月に財界人の会合で「いまは我慢」「とりあえず通すことだ」といっているぐらいです
この取り巻きのことですから、法律がとおってしまったら、年収が引き下げられることはひのめをみるのもあきから・・

法律に1075万円ときめたら簡単には崩れないんじゃないの?という方
ちがいます。
『省令』に定めれば、いくらでも変更できてしまうのが怖いところなんです。

ちなみに残業0法案 ホワイトカラーエグゼンプション発祥のアメリカ 米国では、労
働時間規制除外の労働者があふれかりました。

給料が増えない貧困”が社会問題になり当時のオバマ政権は見直しを余儀なくされました。

 

あなたは高プロで残業ゼロにされたらどうやって収入を維持しますか?

business man

 

土日も働きますか?
それとも内職しますか?

どれも微々たる金額しか稼げないでしょう
時間単価で自分の時間を売るという コンビニのアルバイトや、土木作業は時間=お金となり
時間単価をあげない限り給与はあがりません。

しかし、ブログからの収入は 行った時間を超えてお金をかせぐことはできます。
欠点はすぐにはお金にならないことでしょうか。
半年、長くて1年かかりようやくブログがお金を生み出すようになります。

ただ、適当に記事を書いてお金になるかといったら、それはなりません。

きちんと世の中に必要とされる記事を書かねば、収入にはなりません。

私の無料講座では、どのようにアドセンスのブログを作ってブログアフィリエイトをすすめるかというのを教えています。
是非登録してみてください。

↓↓↓↓↓

https://ld1adsenceno1free.adsencemanual.click/

 

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る