SEO業者を選ぶときのポイント こんなSEO業者は危ない

Trend

SEOといえば、無理やりグーグルの順位を上げてくれるようなイメージもありますが、最近はそういう側面は身を潜めて
Googleに好かれるようにするようなアドバイザー的な業者も増えてきています。
自分でSEO対策するにも限界がありますので、お金を払ってSEO対策するのも有効ですが、悪質な業者にはきをつけたいところ
そこでSEO業者を選ぶときのポイントと注意事項を述べていきましょう

不審なメールを送信する SEO 業者やWeb コンサルタント、代理店に注意

images (1)

「睡眠中に脂肪を燃やす」ダイエット薬や、
追放された独裁者の財産を国外に移動するための支援要請
あなたに財産を差し上げます等、詐欺メールと同様
検索エンジンに関するSEOの怪しいメールを受け取ってもすぐに信用しないようにしたほうがいいでしょう

 

Google で最上位に掲載されることを保証するのは不可能

 

blog-106-profit-sharing-plan-vs-indexed-universal-life-part-1-of-2-image-769x500 (1)

Webサイトの掲載順位を必ず保証すると主張していたいり、
Google 社との「特別な関係」を強調していたり、
Google 社への「優先登録」を声高らかに宣伝したりする SEO 業者には、疑いの目をもって慎重にみたほうがいいでしょう。
おそらく、大体が詐欺まがいかもしれないので注意したほうがいいでしょう
Google社 へのWebサイトの優先登録などというものはありません
実際、Google に直接サイトを送信するには、サーチコンソールから URL を追加するか、サイトマップを送信するかしか方法がありません。

しかも、この方法は自分で行えて、費用はまったくがかかりません。

この登録を代行する形を誇大広告で Googleに登録するという業者がいるので要注意

実績を隠す会社や、目的の行動をはっきり明確に説明しない会社はご用心

shutterstock_111165887

不明確なことがあれば必ず説明をしてもらったほうがよいでしょう。
SEO 業者が誘導ページや使い捨てのドメインなどを使用して、人を欺くようなコンテンツをユーザーの代わりに作成した場合は、
そのユーザーのサイトが Google インデックスから完全に削除される可能性があります。

つまり、あなたが被害者になりかつ加害者にもなります。

SEO 業者があなたの FTP サーバーにアクセスを求めてきたらサイトに変更を加えた内容をすべて説明してもらったほうがいいでしょう

 

あなたが遭遇する可能性がもっとも高いWebサイトSEOの一般的な不正行為について。
presenter

SEO 業者が悪質である可能性を警告するサインは注意深くみているとわかります。

 

もし、不審な点がある場合はご自身の直感に頼ることも大事です。

以下は、悪質なSEO業者であるサインとみてよいとおもいます。

  • キーワード入力プログラムやキーワードサーチツールなどを販売している
  • 実際の検索結果と、検索結果ページに表示される広告を同じくみせ区別をはっきりさせていない
  • 掲載順位を保証するが、必然的に検索結果の上位になるような長いキーワードだけといってくる
  • 嘘の WHOIS 情報を使っている
  • スパイウェア、またはスカムウェアからのトラフィックを取得し情報を得ている
  •  SEO 業者自体が Google に登録されていない

 

以上です

 

参考にしてみてください。

 

もし、SEOやサイトのアクセスアップに興味があったら私のメール講座をうけてみてください。

 

 

 

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る