普遍的なSEO対策とときとともに変わるSEO対策 初心者基礎編 botに理解させる為には

PIX1861 / Pixabay

SEOと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?
ホワイトハットとかブラックハットとか聞いたことがある人は、結構知識がありますね、
初心者の方に向けてSEOというものは何なのか解説してみたいとおもいます。

 

SEOとは?(初心者むけ)
10710222_xl

 

SEOとは、SearchEngineOptimize (サーチエンジンオプティマイズ) つまり サーチエンジンに最適化します という意味です
サーチエンジンとは 代表的なGoogleなどの検索サイトを指します
他にも いくつかサーチエンジンはありますが割愛します。

ではなぜ 最適化しないといけないのか
サーチエンジンは、いろいろなWebサイトの情報を収集してCategoryわけして順位付けしています。

毎日 何億 何兆という世界中のページを、情報収集しています
こんなのは人間業ではむりで、機械が文章を定期的にみにきていて、情報を収集しています

ここでミソとなるのは 相手が機械ということです。
人間だったら文章の文脈で判断がつくものでも、機械 ここでは bot(ボット)とよばれるものは
判断がつかず、正しくインデックスされません。

ですので、 SEO というのが必要になってきます。

中にはSEOとは 無理やり順位をあげるための方法と思っている方もおおいでしょうが、実はそんなことではありません

 

SEO対策が必要な例  botが判断が出来ない参考例

 

14-really-ready-for-a-job-career-change

 

例文

・今日は 富士山にいってきたドライブの写真をアップロードしました、
Downloadはこちらからしてください
リンクはこちら! ←ハイパーリンクと思って下さい

 

 

この例文が一番わかりやすい例ですが、 人間は文章から写真があるリンクであるという認識ができますが
サーチエンジンのbotは 判断がつきません。
この場合、以下のようにします

 

SEO対策した例文

・今日は 富士山にいってきたドライブの写真をアップロードしました、
Downloadはこちらからしてください
富士山へ行ったときの写真リンク ←ハイパーリンクと思って下さい

 

ハイパーリンクの文字を修正し、どんなものがあるのかをbotにわかるようにしました

人間にわかる文章でも、botは理解が出来ない場合がある
trick_question

 

いくらGoogleが優秀でも、さすがに、完全に人間の言葉はわかりません。
つまり

ここ  あそこ  あっち  先の  あちら

 

など、こういう、何かを示す言葉、 こそあど言葉といわれるものは、botは不得意です
つまり、文脈でこそあど言葉を使う場合、非常に気をつけねばbotは文脈をちがうように理解するかもしれません

つまり、SEO対策とはつまるところ Googleがわかるように人間が少し気をつけて挙げねばなりません。

これが理解できていない人が多く、何故かPVがあがらない どうしてPVがあがらないのだと
悩む人が多くいます。

もし、もっと詳細な講座やお話を聞きたい場合は メール講座に登録してみてください

時々、HOTな話題や流行の話題も提供しています。

 

 

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る