YouTubeの再生数が上がらない場合はブログでアクセスアップをさせるべき

bigstock-Businessman-pressing-social-me-25559501

今、YouTuberが非常に増えておりWebで稼いでいた人が動画のユーチューブへシフトもしています。
動画となるとどのように再生数、アクセス数を上げていいかわからないとという人が多数いますが、
動画コンテンツの閲覧数を増やすためにはWebやBlog(ブログ)記事の活用もわすれてはいけません

 

何故 動画の再生数が上がらないのか?再生数を上げるためには?

robe

 

再生数の鍵をにぎるのは以下の2つ

タイトル

サムネイル

そのまんまじゃないかという声が聞こえるが、そうなんです。
もう一つ大事な事

チャンネルに定期的な更新やアップロードを行う

これを行っていないと、関連動画で出してくれる確率がぐっと低くなってしまします。

つまり、アクティブに活動しているチャンネルの動画は

積極的に紹介するという方針で動いています。

どっかで聞いたことありそうな言葉ですよね。

そうなんです。ブログやホームページで Googleの献供結果上位にくるためには同じことをいわれていました。

定期的な更新 タイトルは重要

似ていますよね。似ていて当たり前なんです。 YouTubeはGoogle傘下の企業なのですから。
Googleが買収してGoogleの検索エンジンで動いています。

当然、ユーザーが必要とする動画を探し当てて、検索結果に出す。

これもGoogleの検索エンジンが行っています。

ユーチューブ( YouTube)タイトルとサムネイルの重要性

 

Trend

ブログでもタイトルが重要でしたが、YouTube ユーチューブではもっと大切になります。
動画を解析することは機械に取って無理なので、ブログやホームページとちがって、文章がなりません。
つまりGoogleやYouTubeにとって解析するには情報が圧倒的に少なくなります。
つまり、どんな内容なのかは、すべてタイトルで判断しているといっても過言ではありません。

もう一つ、そうなるとタイトルにキーワードを含めなければ絶対に関連動画には上がってきません。
今までブログではタイトルを多少適当につけていても、なんとかなっていましたが

YouTubeでは、シビアになってきます。

それほど、アクセスアップにはシビアな事が要求されてきます。

 

YouTubeはWEBやブログからアクセスをしてもらい再生数を伸ばす

 

Career+Change

なかなか、伸び悩む再生数に対しては、ブログに埋め込みそこから再生数につなげるという方法も存在しています

また、webやブログ記事は、動画コンテンツがあると、閲覧してもらえる確率も増え

滞在時間も増えて、上位にインデックスされて相乗効果も期待できます。

となると、webのアクセスアップにも動画のコンテンツを作ったほうがより有利だということです。

多くのYouTuberがしのぎを削る中、勝ち残るにはwebでの基本的なアクセスアップのやり方をしっているか知らないかで
大きな差がついてきます。

もしアクセスアップに興味があれば、メール講座を受講されてみてください

 

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る