【SEO】タイトル決めの極意とSEOを意識してやってはいけない事 Googleが教えてくれるSEO 検索エンジン最適化について 

work-from-home

SEO これは永遠のテーマなのですが、Google自身がSEOはこうしたほうがいいよとガイドを出しているのをしっていますでしょうか、

実は大抵の方は、本屋さんやサーチエンジンで ”seoとは”なんて探してしまい、SEOの情報商材なども買ってみたりしています。

ではどんなものかみていきたいと思います。

 

 

無料でSEOの基礎の基礎が記載されている。

240_F_52282195_cvoFzBGMivnqaw6KukBLazbeBKxj3l1W

 

驚くべきことに、SEOの基礎から、詳しい内容まで網羅されています。
しかし、日本語が若干おかしいのと、わかりずらい内容なので初心者は ん?! となってしまうかもしれません。

その中で、これだけはおさえておきたいものを取り出してみました。

 

 

タイトルを付けるときにSEO的にやってはいけない事

ダウンロード
・ユーザーにとって役にたたないタイトルとか長いタイトル

・不要なキーワードを織り込む。
・無題とか新しいページとかをタイトルにする
・ページにまったく関係のないタイトルをつける

よく見るパターンですね

どこかのSEOの達人の人?!は やたらタイトルが長くキーワードをつめこんでいたのですが、ここできっちり否定されています。

あとは、釣り記事といわれるものですが、釣りのタイトル つまり、万人またはその時ものすごく興味を引く内容のタイトルををつけて
中身がまったく違うものというのもだめですね。

こういったものは、初期のアクセスは良くてもいずれGoogleからペナルティをもらう事になり順位を落としていきます。

タイトルの最初の25文字はとても重要ですので、何を伝えたいのか、何を言いたいのかはっきりきめておき
文章をかいてから、あとで考え直してもいいかもしれません。

たかがタイトル されどタイトルですが、ユーザーにくりっくしてもらうためには
どういうタイトルが良いのか、いろいろ考察して力をつけていかねばなりましせん

 

今回の記事はGoogleの記事を参考にしていますので参考にした部分を以下に引用いたします。

 

他にも参考になることもかいてありますね

検索結果に適したタイトルとスニペットを作成する

ドキュメントが検索結果ページに表示される場合、タイトルタグの内容が結果の 1 行目に表示されることがあります(Google 検索結果の各部分についてよく知らない場合は、検索結果の構成を解説した動画18と、こちらの Google 検索結果ページのわかりやすい図をご覧ください)。

ホームページのタイトルには、ウェブサイトや企業の名前を表示し、さらに、企業の所在地やサービスの主な目的といった重要情報の一部を添えることができます。

おすすめの方法

ページのコンテンツについて正確に記述する

読みやすく、ページのコンテンツの主題が効果的に伝わるタイトルを選びます。

避けるべき方法:

  • ページのコンテンツと関連のないタイトルを選ぶ。
  • 「無題」や「新しいページ 1」など、デフォルトのタイトルやあいまいなタイトルを使用する。

各ページに固有のタイトルを付ける

サイトのページごとに固有のタイトルを付けるのが理想的です。そうすることで、サイト上の各ページの違いを Google が認識しやすくなります。サイトで別個のモバイルページを使用している場合は、モバイル版にも適切なタイトルを使用してください。

避けるべき方法:

  • サイトのすべてのページや多数のページにわたって 1 つのタイトルを使用する。

簡潔でわかりやすいタイトルを使用する

完結で有益なタイトルにします。タイトルが長すぎる場合や関連性が低いと見なされた場合、Google は検索結果にタイトルの一部のみや、自動的に生成されたタイトルを表示することがあります。ユーザーのクエリや検索に使用された端末に応じて、異なるタイトルを表示することもあります。

避けるべき方法:

  • ユーザーにとって役立たない極端に長いタイトルを使用する。
  • タイトルタグで不要なキーワードを乱する。
  • https://support.google.com/webmasters/answer/7451184?hl=ja

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る