流行ってる方法では稼げない理由 Youtubeアフィやトレンドアフィブログでは稼げない

beyonce-jay-z-run-video-2014-money-bikini-billboard-650

私の所に頻繁に

 

「おれの作ったYoutubeのアフィリエイトをメール教材で紹介してくれ」

 

と厚かましいメールがとどきます。
もう5回ぐらい届いてます・・。しかも全員違う人。
怪しいYoutubeのアフィをなんで私が紹介しなければいけないんでしょうか。

 

1件成約して私に1万円とか建設的な話もなく、単に紹介してください・・

 

なんでしょうね。
仮にに成約に1件1万でても、私は紹介するつもりはありません。
私の所に来てくれた方に、そんな怪しげで、成果も不確かなものを紹介できるわけありません
きっとYoutubeが稼げるから情報商材作って売れば儲かると詐欺師にダマされた人でしょう。
哀れですね。

素人アフィリエイターや一般人が儲かるという話を聞く頃にソレはすでに儲からない方法になっています。

 

儲かる方法は広まったら終わり

ab5843ba

例えば、Lineスタンプを作ると売れて儲かっていると、TVでも話題になりました。
それを知っていた人は誰にも紹介せずコツコツやっていたからライバル不在で儲かっていました。
しかし、今はどうでしょう、
イラストレーターさんやら漫画家さんなどプロが参入し、市場は沢山のラインスタンプであふれていますが、売れているのは本当にごく一部の人です。

 

一般に知れ渡る頃には、この手の話は終わっています。

 

Youtubeアフィが流行っているワケ

Youtube

最初、メディア(テレビや雑誌やwebのキュレーションメディア)が

 

  1. ユーチューバーは年収ウン千万円と儲かっている と 記事を書いて一般に知れ渡り
  2. 儲かるという話を聞いて稼げていない素人アフィリエイターが群がり
  3. やっぱり稼げないと嘆き
  4. そこに目をつけた情報商材屋がユーチューバーになるための情報商材を作り
  5. 素人がユーチューバーになるための情報商材を買う

 

こんな流れです。
しかも、最近増えて目に見えてひどいのは

 

TV番組をまるごとアップロード(損害賠償がテレビ局からきますよ)
人の動画を丸パクリして編集して再アップロード
動かない動画を作る 写真とテロップだけとか 写真もニュースサイトからパクリ

 

こういうことを推奨する情報商材が出回っているのでしょうね。

 

ユーチューバーで稼ぐには飛び抜けて面白いコンテンツを作らないといけませんし、動画を作る手間はかなりの時間と労力を割きます。
労力がかからないとか、撮影機材は不要とかいっている情報商材とか塾は間違いなく、上記のゴミ動画を量産しています。

 

ここまで目につくと Youtubeを運営しているGoogleも対策に乗り出すとおもわれます。

 

東京オリンピックが近いので英語やフランス語、イタリア語や中国語でwebやら動画を作れば、当たるのは間違いないのはわかっていますが・・・作ってる人居ますか?いないですよね。

 

アドセンスで情報商材屋の怪しいアフィが見当たらないワケ

 

bookie

 

2007年から2010年ぐらいまでは、アドセンスで儲けるという情報商材は確かにありました。
しかし、消えていきましたし、いまはアドセンスで儲けるという情報商材はみかけなくなりました。
Googleが対策を取って、ペラページとか機械的に日本語自動作成ソフトで作ったページとかマルチ商法まがいのページを圏外にすっ飛ばしたからです。

つまり

簡単に儲かる
すぐにお金になる
不労所得になる
1億円稼げる

という、詐欺師御用達の魔法のキーワードが使えなくなりました。

なので、簡単に騙せそうな人が集まるユーチューブに集まっているのだろうと推測されています。

私からすれば、ほっとしています。
ゴミブログ量産してアドセンスのアフィリエイトが荒らされることもないのですから。
逆に、誰も指導するような教科書がない状況なので、だれもやり方わからず素人が参入しずらい状況でもあります。

今後需要がでる分野

dollarphotoclub_64758319

多分、だれもマネしないだろうし、演る人も少数なので、おしえてしまいますが

東京オリンピック 2020を目指して、英語と中国語とフランス語とイタリア語で日本を紹介するウェブを作ることです。

私は、コツコツ作ってますが(笑)

多分、英語とか参入障壁が高いので誰も真似しないでしょう。

だれもやらないこと、誰も真似しないことを一番先にやるのが、アフィリエイトで儲けるコツです。

5年後選手の人たちが私のwebをみて、観光してくれたらとっても嬉しいです。ハイ・・

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る