離脱率を低くする文章の書き方とは?人を飽きさせない文章を書く

InfoSec_Summit

Googleアナリティクスを見ていて気になる離脱率
Googleが検索の順位の指標とするとしている大事な数値です。
これが悪ければ、当然、順位を下げられてしまいます。

そこで、離脱率を低くする文章の書き方をご紹介します

 

離脱率を低くする文章の書き方とは

shaking-hands-business

まず、逆の立場になって考えてみましょう。
検索で出てきた上位1番めから5番目をクリックして覗いてみて、必要な情報がすぐにわかるページを読み進めるはずです。

大事なのは、読みやすく、簡潔に、そして結論を先に書くことです。

日本人の文章の癖として、挨拶や枕詞があって、様子をうかがいながら、大事なことは後ろの方に書く癖があるはずです。

これでは、情報を探している人は最後まで読み進めないと肝心な部分までわかりません。
結局、次の検索候補ページへいってしまい、1ページ目で離脱してしまいます。
いわゆる直帰率100%という数字です。

これでは、検索の順位を下げてしまうので、せっかく有用な情報があったとしても、順位が下がってしまいます。
これは勿体無いことです。

ですので、結論を先に書く癖をつけましょう。

読みやすく段落分けする

 

Information-products-when-to-create-sell-and-deliver-them

 

ダラダラと長く色々書いても、読みづらいだけです。

確かに、言いたいことは沢山あるとおもいますが、まずは、見出しをつけて段落をつけましょう。

見出しをつけることにより、自分でも何を書いているのかはっきり目的もわかり明確に文章がわかりやすくなります。

 

読みやすい文章とは、常用漢字をきちんと使い、難しい漢字は避けることです。
おおよそ小学校6年生が読める文章が望ましいと思われます。

あまり、難しく書いて、漢字をたくさん使っても読みづらいだけです。

検索で探してきてくれた人は、必要な情報が欲しくて検索をしているので、目的のものがみつけやすく文章を書いてあげるべきです。

画像を多用する

xhow-to-sell-information-happy-infopreneurs-collage.jpg.pagespeed.ic._h6yX4WXeX

 

百聞は一見にしかずといいますが、まさにこのこと。
段落ごとに 挿絵をさしこむことにより、より見やすくなります。

画像はフリーのものが沢山ありますので、是非活用するべきです。

関連リンクを文章に差し込む

 

online-store-post_1369372689

 

もし、検索結果と違うページにきてしまった人のために、ランディングページと検索ワードをみて、関連しているページのリンクを手動でいれてあげましょう

 

確かに、関連記事を表示するプラグインなどありますが、もっと親切に、コチラの記事もおすすめです とか、 **の事はこちらです など、 文章中にリンクを挿入してあげましょう。

 

目的の文章を探すのに迷わせない

 

infosec

自分のブログやHPに長く滞在してもらうためには、わかりやすいレイアウトを目指すべきです。

3カラムよりは2カラム そして、特集記事など 文章をカテゴリーでひとまとめにしたり
人気のページや関連ページをわかり易い場所に配置してあげるべきでしょう

 

終わりに

ちょっとした工夫で劇的に改善しますが、めんどくさがってやらないのが9割ぐらいです。

せっかく検索できてもらっているのですから、わかりやすいレイアウトをこころがけたいものですよね
もし、もっと知りたい 勉強したいとおもったら メール講座に登録してください。

 

 

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る