記事のパクリを知らせてくれる便利なプラグイン

shutterstock_77317708

NAVERまとめもそうなのですが、丸パクリするキュレーションメディアが流行り過ぎて困り気味です。
そこで、面白いプラグインを見つけました。
コピーコンテンツ や コピーを平気でする人には少し警告ができるかも・・。

 

コピーされたら通知してくれる

gazissssssssssssssssssssss

CCC(Check Copy Contents)というプラグインです。
http://www.kigurumi.asia/imake/2548/
コピーを感知したら、指定したメールに通知してくれます。

単に通知してくれるだけなので、ipを特定してどこの誰がコピーしたのかまではわかりません。
しかし、コピー先のurlがわかるので、そこのurlに行って抗議はできます。

wordpressでアフィリエイト(アフィ)やアドセンス(adsence)をしているなら、入れておいて損はないでしょう。

開き直った意見

microsoft-phone-scam

 

とある、巨大掲示板での発言です。
NAVERの記事をまとめている人たちを”キュレイター”という言い方(ライターでもいいんじゃない?)するのですが
その人らが大義名分を掲げていました。

 

”ゴミの記事から宝物拾い集めてきて価値のあるモノにしてんだから感謝しろ”

まったくふざけた言い分です。

彼らは、記事をパクってつなげてつくって、それを自分の著作物だと言いはっています。
ついでに、情報が寸足らずでまとまってないので、まとめてあげて見やすくしているんだといいます。

最後は、ゴミ記事から情報を拾い集めてくるのが仕事だそうです。

それなら、まとめるならまとめるで、著作者にきちんと転載してよいか連絡するべきでは・・・。
勝手に文章の転載していいんでしょうかね。

今までは URLでリンクをつけてあげて、ここに詳しく書いてありますという程度でしたから、転載とかにはなりませんでしたが、今のキュレイターやりかたは、完全に

 

”道に落ちて拾って持ち主が名乗り出ないので僕のものです”

っていう状態です。

それぞれ、各自のモラルに任せたいと思いますが、Googleも積極的にパクりメディアの順位は下げるようにしてほしいところです。

 

 

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る