アドセンスの記事ネタづくりのノウハウとコツ 新しいチャレンジはアフィリエイトのネタになるチャンス

Information-products-when-to-create-sell-and-deliver-them

年の瀬も迫ってきており忙しくされているかとおもいます。
最近、私は新しいことを始めようとしています。

実は、エアーコンプレッサーを買って、車の自家塗装をしようと機材を揃え始めました
そして、その知識をまとめる ホームページも準備はじめています。
今回は、私が新しいページを立ちあげる時どんなことをしているかお伝えしましょう

 

新しいチャレンジは新しいブログやホームページを立ちあげる時

flower_-arrangement1

今回、私が新しいことを初めたきっかけは、叔父からもらった車でした。

また、同時に、冬と春に2台分のスタッドレスタイヤへの交換を行っており、
エアツールの インパクトレンチ等が欲しかったため思い切って
エアーコンプレッサーとエアツールを買いました。

エアツールというのは、エアーコンプレッサーで圧縮空気を作って、それを利用する工具に接続して使います

また、せっかく エアーコンプレッサーがあるなら、エアースプレーガンを買えば
車の塗装もできるじゃないかとおもい、道具を揃える準備をしました。
私は、全くエアーコンプレッサーやエアツールに対して全く無知で
ネットで調べて勉強して知識をつけることから始めました。

 

ネットで知識を得ながら探す時はこんな所に気をつける

Information-products-when-to-create-sell-and-deliver-them

大抵の方は、わからないことは ネットで探すはずです
その時、検索結果をよくみておいてください。

明らかにアフィリエイトやアドセンス狙いのページが検索結果の1ページ目を独占したら
其の分野は、参入しないほうがいいでしょう。

私はエアーコンプレッサーを調べている時、これは参入余地あるなと感じました。

というのも、エアーコンプレッサーはホームセンターで手軽に買える値段にまで下がってきており
プロが使う特殊ツールという位置づけではなくなってきています。

電動工具も確かに便利ですが、パワーを考えると、エアーコンプレッサーを使った工具のほうが力がアリます。

エアーコンプレッサーには オイルを使うものとオイルレスがあって、圧力・・云々

調べれば調べるほど、色々知ることができました。

そして、どれを買っていいのかわからない人に、全くアドバイスもなにもないので
初めての方はかなり博打状態ということもわかります。

今後、車が好きな人や、エアーブラシで プラモデルを塗ったり、木工や陶芸でエアーリュータなどで
削ったりする人たちはいるとおもいますから、エアーコンプレッサーに特化したページは有効だと感じました

キーワードの検索ボリュームを調べる

 

How-to-Make-Money-in-the-Stock-Market

 

さて、作るのはいいのですが、検索が殆ど無いものに力をいれても仕方ないですよね。
そこで、どれぐらいの検索ボリュームがあるのかを調べてどれ位力をいれるかを推測します

エアーコンプレッサーに関しては、平均で10万回程度あり、まずまずでした
次にアドセンスの単価はだいたい30円程度 これは単価がだいぶ安いので、
アドセンス狙いよりアフィリエイトで成果報酬型を狙ったほうが良さそうです。

私が検索していて欲した情報が、まるでまとまっていなかかったので
欲しかった情報を一元的にまとめれば、1つ完成になります。

このサイトは、かなりニッチですから1年位は作って眠らせてデータ収集に徹する予定です

対して、車の塗装にかかわることで、車の磨き方は検索ボリュームが月間15万 そして
アドセンスの単価は70円前後と標準的な単価ですから、こちらはアドセンス狙いのサイトを作れば行けそうです。

ちなみに私のサイトで1つ洗車のサイトがありますが、けっこういいペースでアクセスがあります。

今感じで、新しいことを始める時は、ネタにできるチャンスでも有ります。

今回、3つ WEBを立ち上げて、エアツールの選び方  車の磨き方の方法  車の塗装のやりかた
を作っています。
皆さんも是非チャレンジしてみましょう。

 

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る