アドセンスで稼げない時は文章の書き方を見直せ

stress_Rex

アドセンスは稼げないというアフィリエイターがいますが、そういう方は情報商材を売っているのでしょうか。
アドセンスが稼げないのではなく、それは 貴方の文章では稼げない という事にほかなりません。
アドセンスのキモは文章力です。 では今回、どうやったら文章力をつけてアドセンスで報酬を得られるかを考えていきましょう。

 

アドセンスは稼げないなら自分の文章力を疑え

びっくり

基本的に、文章力が無い人はアドセンスには向いていません。
最初からすっぱり切り捨てていってしまいますが、日本人なら、義務教育でだれでも習うような文章を書いていけば自ずとアクセスはついてきます。

一番考えてほしいのは800文字から1000文字の記事の中に、

何がいいたいのか、1行で答えなさいといわれて

 

応えられるような内容であることが大前提です。
逆に言えば、文章を書いている時に、その1行の内容からブレずに書けていれば、自ずとまとまった文章になてってきます。

 

 

Googleが好むアドセンス向きの文章とは?

 

PIX1861 / Pixabay

PIX1861 / Pixabay

 

 

そもそも、アクセスが上がる文章というのは、

・読みやすいこと
・正しい知識であること
・役に立つ参考になる記事であること
・信頼できること
・日本語の文法がしっかりしていること

と、当たり前の事をいうようですが、これが出来てはじめて、アセスアップにつながってきます。
逆に言えば、アクセスが半年たっても上がらないのは、文章に問題をかかえているか、そもそも需要がないか、何か対処をしなければなりません。

 

 

よく見る、アクセスが集まらないブログのパターン

presenter

 

・見た目はキレイだが、中身は文章だらけで、読む気もおきないし何がいいたいのかわからない
・日記になっている
・笑い とか 絵文字が沢山ならんでいる
・情報がまとまっていない
・記事の軸がぶれている
・中身がない
・タイトルがやたら長い

何かこころあたりありませんか?
もし、アクセスが集まるブログを書いてみたいのなら、私のメール講座にご登録ください

随時、情報を発信しております。

 

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る