副業でアドセンスと物販アフィリエイトを組み合わせる方法 アフィリエイトとアドセンスの組み合わせと相性

employee-screening-and-selection-68

皆さんこんにちは
メルマガ登録いただいた方には、随時、お話をしていますが、webの公開のほうは少し停滞ぎみでしたので、更新していきます。

アフィリエイトとアドセンスの組み合わせと相性

network-marketing-tips-face-to-face-prospecting

相性の悪いものを組み合わせると、世の中ろくな事にならないのは周知の事実ですよね。
実はアドセンスにも相性があって、不得意な分野が存在しています。

私は常々、初心者には、セールスやコピーライティングのテクニックが不要なGoogle Adsence(アドセンス)が最適と
勧めてきましたが、メールでの問い合わせで最近多いのが

・アドセンスと一緒に物販や成果報酬型のA8組み合わせえていいですか?
・アドセンスと一緒に情報商材のリンクは貼っていいのですか?
・アドセンスではなく塾に入って物販始めたいのですが・・
中には

毎月3万円の報酬が無いと、コンサル入れないのはハードルが高すぎるから別の人のコンサル入ります

って言う人も居ました・・
ちょっとこれには、私も考えさせられてしまい、皆さんのニーズを汲み取るのはなかなか大変だなとおもいました。

さて、このような問い合わせをよくうけるということは、それだけ、皆さん勉強されていると同時に
物販や情報商材や成果報酬型のアフィリエイトにも興味があるということなのでしょう。

 

 

初心者が情報商材アフィリエイトや成果報酬型アフィリエイトで失敗する理由

woman-abuse-sad

失敗をバネに、改良して成功させられればいいのですが、初心者にはそれが難しいと思います

何度も何度も失敗してトライ・アンド・エラーを重ねてようやく理解できるのが、物販や成果報酬型のアフィリエイトです。

確かに、自分が詳しい分野がアドセンスの不得意分野 (法律相談 借金 AV動画(わいせつな動画)等)であると
これはアドセンスではダメで、物販系や情報商材系のアフィリエイトで行うしかありません。

しかし、本当にそれだけが貴方の得意分野なのでしょうか。
もし、他にも、自分で得意分野があれば、まずはアドセンスだけに絞って行って欲しいとおもっています。

では、何故初心者が成果報酬型や物販系アフィリエイトや情報商材アフィリエイトで失敗するのかというと
これらは
・セールスのテクニック
・コピーライティングのテクニック
・扇動的なマーケティング手法

これらを組み合わせなければ、物を売ることは出来ません。

更に、物を売るには、貴方のブログやあなたに 信頼がなければ、売れないでしょう。

また、情報商材は同じ商材を 複数のアフィリエイターが宣伝して、オマケの違いで人をかき集めています。
つまり、売るものは一緒で、オマケ合戦です。
使いもしない、不要な ひどいものはゴミみたいな、特典つけまくって売っています。

こんな売り方では、絶対、売れません。

成果報酬型のアフィリエイトは クリック後さらに成約してもらえないと報酬が発生しません
アドセンスのブログと同じ努力をして 3ヶ月頑張っても6ヶ月頑張っても報酬0が続きます。

アドセンスならクリック後すぐに報酬が発生します。

また、アドセンスはだいたい どのブログも クリック率 1%前後ですから、
記事内容や売り込みをせずに、自動で広告が切り替わり、記事作成に専念できる一方
成果報酬型のアフィリエイトは広告のメンテナンスも定期的に行わないと
売っている商品が、広告が外れてしまい、別の代替広告になっていたしります。

つまり、アフィリエイト初心者にはハードルが高過ぎるのです。

たいていは、失敗して撃沈して、アフィリエイトの世界から身をひいてしまいます。

 

 

ご要望にお応えして 成果報酬型アフィリエイトとアドセンスを組み合わせ方法を作成を始めています

 

how-does-an-employee-owned-company-work-2

 

最近、成果報酬型とアドセンスの組み合わせの質問が問い合わせが多いのは、やはり、放置できない状況なので
アドセンスを主にした軸で、あくまで補助的に、成果報酬型や情報商材のアフィリエイトを扱う方法を
取り入れたものを作成しています。

すでに、既存の教材を手にしていただいたメンバーの皆さんには、メールベースで講義を順次はじめております。

アドセンス講座もさらにステップアップして、複合的に責める方法を盛り込んでいきますのでお楽しみに
もし、ご興味があればメール講座の登録をお願いします。
メール講座でしか、これらの講義はおこないませんので、よろしくお願いします。

 

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る