サイト量産しても稼げない3つの理由 サイトの質がとても大事

Website

100個のサイトをサイト量産しなさいという方法はペラサイトでは通用しないのに
ペラサイトを作るように指示する所もあるそうで・・

今回はサイト量産のお話です

 

アフィリエイトやアドセンスでサイト量産は稼げるのか?

どこまでをサイト量産というかが問題ですが、初心者相手に、100サイト作れというのは、サイト量産といえるでしょう
私のように、専門的なサイトを10サイトとか20サイトもっているのは量産とは言わないとは思います。

 

現在のGoogleの検索機能はメタキーワード詰め込んでも相手にされず、純粋に文章で判断しています。
中には1ページのサイトに4000文字つめこんだり、3ページ構成のものを1つとして
300サイト作ってる方もいますが、そういった方は、案外収入がでていたりします。

 

サイト量産でもサイト1つの質が大事

もし、貴方が、ペラサイトに遭遇したとしましょう
そこに紹介されている品は買いますか?

 

通常、買いませんよね。

 

では、なぜペラサイトの人が、効果をあげているかというと、かなりの質のいいペラサイトをつくっています

 

ペラってことばはあまりよくないですが、
写真や、文字、レイアウトにこだわって、結構手間暇かけてサイトをつくりこんでいます。

そこまでやるなら普通にサイトつくればいいのに・・・って思いますが、例えば楽天でもペラサイトみかけますよね
1ページだらだら長いページ

あそこまでのレベルになれば、かなりいい線がいくはずです。
結局、人の興味を引くページでなければ、全く意味はなく、逆にペラページでも1ページに
情報をてんこ盛りしていて、視覚的にも訴えかける内容なら十分通用するというものです。

 

結局はペラサイトは稼げないの?

結局、多くの人が勘違いしているのは
魅力あるコンテンツを詰め込んだサイトを作ることをわすれて
ただたんに、なんの価値もないサイトを量産しているので、稼げていないだけなんです。

読み応えのあるコンテンツさえつくれていれば、ペラサイトでも十分アクセスはあつまってきます
ただ、そこまで作り込むならペラサイトじゃないほうが、より見やすいことは確かですが・・

 

参考になれば幸いです

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る