自分にあったアフィリエイトを選ぶ アフィリエイトの種類わけ

shutterstock128958326---technology

副業のアフィリエイト (アフリエイト)にはいくつか方法があります。
最近、消費者庁や消費者生活センターが注意喚起をしている情報商材もあれば
Amazonや楽天で物を売る商売もあります。
Googleに広告を依頼してクリックしてもらい得る商売も・・
自分にあったアフィリエイトを選びましょう。

副業のカテゴリ分け

大きな所からわけていきます

1・サイト アフィリエイトと呼ばれる webでブログ等で収入を得る方法
2・メールマガジン(メルマガ)を発行してメルマガの読者に商品を買って貰う方法
3・ランサーズやクラウドワークス等で地道に 入力作業やテープ起こしやブログ記事を書く方法
4・ヤフオク等で転売をする方法
5・塾やセミナーを開校する方法

上の2つ 1と2が、よく アフィリエイトとかアフリエイトと呼ばれているものです。
アフィリエイト(アフリエイト)というと、なんか詐欺っぽいとか、怪しいというイメージが付きまといます。
それは情報商材という、規制がかかっていない商品がはびこっているせいです。
今回のお話では 1 をとりあげていきます。次回以降2や3等説明していきますね。

1(サイト アフィリエイト)をさらに細かく分ける

1-1・情報商材を売る
1-2・クリックしてもらえば報酬がでるGoogleのアドセンスをやる
1-3・Amazon等で売っているものを紹介して、自分のweb blog経由で買ってもらう

この3つに大別されます。

1-1 情報商材の場合

これが消費者生活センターや消費者庁から注意喚起をされているものです。
見たことありませんか?こんな記事
「5分の入力で30万円」とか「月収100万円を達成する方法」とか・・
こういうノウハウ集を売っているのが情報商材です。他にも
ダイエットのやり方など、いろいろ情報商材がありますが90%は詐欺商材です。
まず手を出さないほうがいいでしょう。本物は10%程度なので、これは自分で目利きして買うしかありません。
私もいくつか買ったものがありますが、本当に使えるのは一部だけです。

お手軽なのは 1-2 と 1-3 です。
自分のblogをもったり ホームページをもったりすれば、可能になります。

1-2 アドセンスの場合

Google-Adsense

自分の趣味の事を 詳しく書いたブログに、googleのアドセンスをくっつけておけば
クリックされればお金になります。
いくらか・・といわれると広告のジャンルによるので、いちがいにいえませんが
30円から100円ぐらいです。

1-3 Amazonや楽天のアフィリエイトの場合

amazon

これは、自分で買った商品や記事に関連する商品を紹介して
自分のwebにはったAmazonの広告などをクリックしてもらって買ってもらったら 商品価格の1%から5%ぐらいを
もらえる仕組みです。

 

どうやって設けるのかは、また次に説明します。

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る