アフィリエイトビジネスの終焉とは 携帯乞食に見る結末

  • アフィリエイトビジネスの終焉とは 携帯乞食に見る結末 はコメントを受け付けていません。
pt_1763_1497_o

こんばんは
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
しばらく更新が滞りがちでもうしわけありませんでした。私事ですが、義理の祖母が無くなり葬儀やらと色々大変でした。

先日は私の叔父が孤独死して警察沙汰 → 遺産相続で 弁護士挟んで係争中 という状態の中で、悪いことは重なります。

アフィリエイトに終焉はあるのか?アドセンスはアドブロックで壊滅?
sir-alan-sugar

 

よく質問をもらいますが、結論から先に言えば、Googleのadsence アドセンスにかぎっては終焉はまだまだ見えていません。

これからもコツコツやった人には報酬が舞い込んでくるでしょう。

対して、アフィリエイトというわれるジャンルは多岐にわたるのですが、
セドリとか携帯乞食とかヤフオクで転売とか、そっち系の副業やアフィリエイトはなかなか厳しい状況です

 

携帯乞食の終焉 専業携帯乞食はどうするんでしょう?

galley_slaves

 

携帯乞食って言葉はご存知でしょうか。

簡単に言えば、携帯の高額キャッシュバックを狙って 回線を転がしている人たちです。
彼らは、一人10回線ぐらいもっていて、 au→docomo→softbankとかいう流れで
マイナンバーポータビリティ mnpの高額キャッシュバック案件を狙って転出と転入を繰り返しています。
やり方は ググればいくらでも出てきますが、
誰でも簡単に利益が得られるため、2015年の年始あたりから、一般人に知られ始めけっこうものすごいことになってました。

例えば iPhone6 3台 契約で キャッシュバック現金12万円 とかザラでした。

でした・・というのは、
ついに3大キャリアたちが、MNPの客奪い合いをするための異常なまでの高額キャッシュバックをやめたことです。

ここで困ったのは、専業携帯乞食の人たちです。
家族名義や お父さん 嫁さん 子供などの名義を使ってフル回転させてた専業の人は一気に収入がなくなりました。

ちなみに、専業でもいけるほど 年収500万円ぐらいは稼げていたようですが、パタりと収入源がなくなりました。

一体彼らはどうするんでしょうね。

参入障壁が高い(adsence)アドセンスで勝負する

payroll-withholding

 

 

一般的に、Googleの adsence(アドセンス)難しい、儲からない、とよく言われます。
そして、単価が高い、情報商材をすすめるビジネスに手を染めて行く方も多いとおもいます。

つまり、adsence(アドセンス)はとても参入障壁が高く、コツを知らなければ、ちゃんと稼ぐことが出来ないことを意味しています
それだけ、ライバルが少ないことも意味しており、参入障壁が低い、情報商材アフィリエイトよりははるかに、良いと私は思っています。

例えば、私が情報商材を売るとしましょう、他の方と比べて、何か売りがあるのか
アドバンテージがあるのかといわれれば、ありません。

そして、売るものも他人のノウハウです。別に、誰から買ってもいいわけです。
そこで、みなさんも知っての通り、オマケをいっぱいつけて特典合戦しています。

あのアフィリエイターさんは特典がいっぱいだから 買おうとか・・・を

実際、その特典、使いますか?と私は問いただしたいと思います。
結局、自力で稼いでいるわけではないので、情報商材を売るというのは、差別化しにくいものです。

逆に、アドセンスであれば、貴方のオリジナルコンテンツを見に来てくれる方が、
調度良い広告をみつけてクリックしてくれます。

アドセンスで稼ぐビジネスは、貴方しかしらない趣味のノウハウや 家事や育児のノウハウを書いて
人を集客すればいいのです。

これは、あなたの経験や長所が お金にかわっていく瞬間でもあります。
是非、諦めずにアドセンスにチャレンジして欲しいと思います。


関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る